角川文庫刊・レンタル「不倫」

角川文庫刊・レンタル「不倫」 より・・・
本作に出てくる演歌の名曲「夢は夜ひらく」はたくさんの人がカバーしていますが、作品にでてくるのは亡くなった藤圭子(宇多田ヒカルの母親)のものですね。実際にどうだったのかはわかりませんが、不幸を背負った影のある美人の代名詞でした。下の人物「霞」のモデルになった方は、先日の文学賞受賞のインタビューで何だか身もふたもない上から目線の会見を行って話題になりましたが、あんなことを言うのならさっさと候補の段階で辞退しておくべきじゃないかなあ。




やはり霞はやってくれた。ペラ三枚分、「。」のないごたい

そうなわりに、中身は、

「ようするに、恋におぼれるような女が好きなんですね」

とマクドナルドのコーヒーなんだけど、この「ようするに」

をやると万博後の男は「しおしおのぱー」になるから。

「恋におぼれる女に私もほんとうはなってみたいけれども・・・・・・」

と、ちょっとアレンジメント操作をおこなった。

「フッ、それはきみが飛ぶのを恐れなければ容易に実現する

ことなのかもしれない」

「どっちかっつうと、私が飛ぶのを恐れているんじゃなくて、

私が飛んでくるのを男が恐れてるから、今までのロマンス人生、

くらかったんだと思うけどなあ」

私はカラオケを選曲した。



十五、二十六、三十と私の人生暗かった

過去はどんなにつらくとも

夢は夜ひらく



セリフ

「あんなにつらかったわてらの恋も、親方はんは許してくれはった。

あとは包丁の修行を積んで一人前のおんなになることや。ええな。

こいさん」

過去はどんなにつらくとも

夢は夜ひらく



「力石さん。フ」

霞は私からマイクをとりあげた。

「なに?」

「いつキスしたらいいの?」

「今」

ぐを。

マイクが衣服にこすれる音が共鳴して彼と私はキスをした。